オブジェクト選択時メニューと動作

選択したオブジェクトの色や重力などの物理設定を変更する時に使います。

Phunオブジェクト選択時メニュー
消す
Erase
選択中のオブジェクトを消します。
クローン
Clone
選択中のオブジェクトのコピーを作成します。
ミラー
Mirror
選択中のオブジェクトを水平方向に反転します。


セレクトメニュー [Selection menu]

選択中のオブジェクトの表示位置やカメラの動きを設定します。

Phunオブジェクト選択時メニュー セレクトメニュー
選択中のオブジェクトを保存する
Save selected

選択中のオブジェクトをオブジェクト単体(phunlet)として保存します。

保存したオブジェクトはインストールフォルダのC:\Program Files\Phun\scenes\phunlets\に(.phn形式)で保存されます。

似たオブジェクトを選ぶ
Select alike
選択中のオブジェクトに似たオブジェクトを選択します。
選択を反転させる
Invert selection
選択中のオブジェクトの選択を解除し、選択していないオブジェクト全てを選択します。
背面(後ろ)へ
Move selected to back
選択中のオブジェクトを背面に移動します。
前面(前)へ
Move selected to front
選択中のオブジェクトを前面に移動します。
カメラで追跡する
Follow with camera
選択中のオブジェクトの動きにあわせてカメラで追跡します。
カメラも回転させる
Track rotation
選択中のオブジェクトの動きにあわせてカメラも回転します。
重力の向きを回転に合わせる
Bind to gravity direction
選択中のオブジェクトの重力の向きを回転にあわせます。


色メニュー [Appearance menu]

選択したオブジェクトの色や表示するテキスト、テクスチャを設定します。

Phunオブジェクト選択時メニュー 色メニュー
色合い
Hue
選択中のオブジェクトの色調を変更します。
濃さ
Saturation
選択中のオブジェクトの彩度を変更します。
明るさ
Value
選択中のオブジェクトの明るさを変更します。
透明度
Opacity
選択中のオブジェクトの不透明度を変更します。
色をランダムに選ぶ
Random color
選択中のオブジェクトの色をランダムに変更します。
境界線を表示
Draw border
選択中のオブジェクトの境界線の表示のあり/なしを切り替えます。
境界線を不透明にする
Opaque borders
選択中のオブジェクトの境界線の不透明のあり/なしを切り替えます。
扇の印を表示する
Draw circle cake

選択中のオブジェクトの円の扇の印のあり/なしを切り替えます。

※円、チェーンを選択した場合のみ表示されます。

テクスチャ
Texture
選択中のオブジェクトのテクスチャのファイル名を表示します。
テクスチャを探す...
Find texture...
選択中のオブジェクトのテクスチャの画像を選択します。
テクスチャの位置を自動決定
Auto-position texture
選択中のオブジェクトのテクスチャの位置を自動決定します。
テクスチャをキャンセル
Clear texture
選択中のオブジェクトのテクスチャを消去します。
テキスト
Box text

選択中のオブジェクトに表示するテキストを入力します。

※四角を選択した場合のみ表示されます。

テキストのサイズ
Text scale

選択中のオブジェクトに表示するテキストのサイズを変更します。

設定範囲:0.010 〜 100.0

数値の直接入力も可能です。

マウスのミドルボタンをクリックすると初期値にセットされます。

※四角を選択した場合のみ表示されます。

Text color

選択中のオブジェクトに表示するテキストの色を変更します。

※四角を選択した場合のみ表示されます。

色合い
Hue
選択中のオブジェクトに表示するテキストの色調を変更します。
濃さ
Saturation
選択中のオブジェクトに表示するテキストの彩度を変更します。
明るさ
Value
選択中のオブジェクトに表示するテキストの明るさを変更します。
透明度
Opacity
選択中のオブジェクトに表示するテキストの不透明度を変更します。
色をランダムに選ぶ
Random color
選択中のオブジェクトに表示するテキストの色をランダムに変更します。


物質メニュー [Material menu]

選択中のオブジェクトの物質属性を変更します。

Phunオブジェクト選択時メニュー 物質メニュー
テクスチャ
Texture
デフォルトで持っているテクスチャのサムネイルを表示します。
密度
Mass

選択中のオブジェクトの重さを変更します。

選択範囲:0.0010kg/m2 〜 100.0kg/m2

数値が低いと軽くなり、数値が高いと重くなります。

マウスのミドルボタンをクリックすると初期値にセットされます。

摩擦
Friction

選択中のオブジェクトの摩擦の強さを変更します。

選択範囲:0.000 〜 2.000

数値が低いと摩擦が弱くなり、数値が高いと摩擦が強くなります。

マウスのミドルボタンをクリックすると初期値にセットされます。

反発の度合
Restitution

選択中のオブジェクトの反発の強さを変更します。

選択範囲:0.000 〜 1.000

数値が低いと反発が弱くなり、数値が高いと反発が強くなります。

マウスのミドルボタンをクリックすると初期値にセットされます。

引力
Attraction

選択中のオブジェクトの反発の強さを変更します。

選択範囲:0.0 〜 100.0

数値が低いと引力が弱くなり、数値が高いと引力が強くなります。

マウスのミドルボタンをクリックすると初期値にセットされます。

引力の減少
Attraction falloff
選択中のオブジェクトの引力の減少を1次(Linear)2次(Quadratic)に切り替えます。
キラー(触れた図形を消す)
Killer
選択中のオブジェクトに触れた物の消去のあり/なしを切り替えます。
Immortal


情報 [infomation]

選択中のオブジェクトの情報を表示します。

Phunオブジェクト選択時メニュー 情報
面積
Area
選択中のオブジェクトの面積(m2)を表示します。
質量
Mass
選択中のオブジェクトの重量(kg)を表示します。
モーターのトルク
Motor torque

選択中のオブジェクトのモーターのトルク(Nm)を表示します。

選択中のオブジェクトがモーターではない場合、値は0.00Nmと表示します。

回転の印への衝撃
Hinge impulse

選択中のオブジェクトのヒンジの衝撃(Nm)を表示します。

選択中のオブジェクトがヒンジではない場合、値は0.00Nmと表示します。

速度
Velocity

選択中のオブジェクトの1メートル毎秒間の座標(x,y m/s)を表示します。

オブジェクトが動いてない場合、値はx= 0.00 y=0.00と表示します。

角速度
Angular velocity

選択中のオブジェクトの1秒間の弧度を表示します。

オブジェクトが動いてない場合、値は0.00rad/sと表示されます。

選択中のオブジェクトが四角形でない場合、値は0.00rad/sと表示します。

運動量
Momentum
角運動量
Angular momentum
エネルギー
Energy
選択中のオブジェクトの重さと地面からの高さを計算したエネルギー(J)を表示します。


衝突メニュー [Collision menu]

選択中のオブジェクトの衝突時の衝突属性を変更します。

グループは複数選択できます。また、グループの違うオブジェクトはぶつかりあいません。

Phunオブジェクト選択時メニュー 衝突メニュー
衝突グループA
Collision group A
選択中のオブジェクトのグループA指定を切り替えます。
衝突グループB
Collision group B
選択中のオブジェクトのグループB指定を切り替えます。
衝突グループC
Collision group C
選択中のオブジェクトのグループC指定を切り替えます。
衝突グループD
Collision group D
選択中のオブジェクトのグループD指定を切り替えます。
衝突グループE
Collision group E
選択中のオブジェクトのグループE指定を切り替えます。
衝突グループF
Collision group F
選択中のオブジェクトのグループF指定を切り替えます。
衝突グループG
Collision group G
選択中のオブジェクトのグループG指定を切り替えます。
水と衝突
Collides with water
選択中のオブジェクトの水とのぶつかりを切り替えます。
NSC
No selfcollision
衝突の設定が全く同じ物同士の衝突のあり/なしを切り替えます。


図形のアクション [Geometry actions]

選択中のオブジェクトのアクションを変更します。

Phunオブジェクト選択時メニュー 図形のアクション
背景に接着/接着を解除
Glue to background/Loosen
選択中のオブジェクトが背景に接着します。
中心に回転の印を付ける
Add center hinge
選択中のオブジェクトの中心に回転の印を付けます。
中心に追跡の印を付ける
Attach tracers
選択中のオブジェクトの中心に追跡の印を付けます。
液状化
Liquify selected
選択中のオブジェクトを水にします。
歯車に変化
Gearify
選択中のオブジェクトをギアにします。
円/四角に変化
Transform into circle/box
選択中のオブジェクトを円/四角に切り替えます。


図形のコントローラー [Geometry controller]

選択中のオブジェクトのアクションを変更します。

Phunオブジェクト選択時メニュー 図形のアクション
コントローラー
Controller menu
コントローラーの加速度
Controller acceleration
向きを反転
Reverse axes
選択中のオブジェクトの向きを反転します。
X方向のみ反転
Invert X-axis
選択中のオブジェクトを水平方向に反転します。
Y方向のみ反転
Invert Y-axis
選択中のオブジェクトを垂直方向に反転します。


CSG

選択中のオブジェクトを切ったり繋げたりします。

Phunオブジェクト選択時メニュー CSG
切断 (Cut)
Cut
積集合 (Intersection)
Intersect
差集合 (Difference)
Subtract
和集合 (Union:結合)
Add


スクリプトメニュー [Script menu]

選択中のオブジェクトの物理設定の一覧を確認、変更するときに使用します。

Phunオブジェクト選択時メニュー スクリプトメニュー
airFrictionMult

選択中のオブジェクトの摩擦の強さを変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

attraction

選択中のオブジェクトの反発の強さを変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

collideSet
collideWater

選択中のオブジェクトの水とのぶつかりを切り替えます。

trueで水と衝突、falseで水と非衝突になります。

color

選択中のオブジェクトの色を変更します。

色合い、濃さ、明るさ、透明度を数値で変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

controllerAcc
controllerInvertX

選択中のオブジェクトを水平方向に反転します。

trueで反転、falseで反転なしになります。

controllerInvertY

選択中のオブジェクトを垂直方向に反転します。

trueで反転、falseで反転なしになります。

controllerReverseXY

選択中のオブジェクトを反転します。

trueで反転、falseで反転なしになります。

density
drawBorder

選択中のオブジェクトの境界線の表示のあり/なしを切り替えます。

trueで表示、falseで非表示になります。

friction

選択中のオブジェクトの摩擦の強さを変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

heteroCollide

衝突の設定が全く同じ物同士の衝突のあり/なしを切り替えます。

trueで衝突、falseで衝突なしになります。

immortal
killer

選択中のオブジェクトに触れた物の消去のあり/なしを切り替えます。

trueで消去、falseで消去なしになります。

onCollide
opaqueBorders

選択中のオブジェクトの境界線の不透明のあり/なしを切り替えます。

trueで不透明あり、falseで不透明なしになります。

restitution

選択中のオブジェクトの反発の強さを変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

ruler
text

選択中のオブジェクトに表示するテキストを入力します。

既に入力されている場合は引用符("")に囲まれて表示します。

※四角を選択した場合のみ表示されます。

textColor

選択中のオブジェクトに表示するテキストの色を変更します。

色合い、濃さ、明るさ、透明度を数値で変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

※四角を選択した場合のみ表示されます。

textScale

選択中のオブジェクトに表示するテキストのサイズを変更します。

数値の直接入力のみ可能です。

※四角を選択した場合のみ表示されます。

texture

選択中のオブジェクトのテクスチャの画像ファイル名を入力します。

既に選択されている場合は引用符("")に囲まれてファイル名を表示します。

textureMatrix
選択中のオブジェクトのテクスチャの位置を入力します。