オブジェクト選択時メニューと動作

選択したオブジェクトの重力や反発力などの動きを変更する時に使います。

右クリックメニュー

Phunオブジェクト選択時右クリックメニュー
Erase
選択したオブジェクトを消します。
Clone
選択したオブジェクトのコピーを作成します。
Mirror
選択したオブジェクトを水平方向に反転します。
Save phunlet

選択したオブジェクトをオブジェクト単体(phunlet)として保存します。

保存したオブジェクトはインストールフォルダの「scenes\phunlets\」に(.phn形式)で保存されます。

Move selected to back
選択したオブジェクトを背面に移動します。
Move selected to front
選択したオブジェクトを前面に移動します。
Invert selection
選択を反転します。
Follow object
選択中のオブジェクトの位置を中央にして画面を表示します。
Color menu...

選択したオブジェクトの色を指定します。

Color menuウインドウを表示します。

Information...

選択したオブジェクトの情報を表示します。

Informationウインドウを表示します。

Collision menu...

選択したオブジェクトの衝突グループの設定を行ないます。

Collision menuウインドウを表示します。

Geometries.....

物理シミュレーションの設定を行います。

Geometriesウインドウを表示します。

Destroy key

オブジェクトを消去するショートカットキーの割り当てを行います。

[None selected]をクリックし、割り当てたいキーを入力すると設定されます。

Mirror key

オブジェクトを水平方向に反転するショートカットキーの割り当てを行います。

[None selected]をクリックし、割り当てたいキーを入力すると設定されます。



Hinge選択時右クリックメニュー

Phunヒンジ選択時右メニュー
Hinges...

Hinges(軸)の設定を行います。

Hingesウインドウを表示します。



Color menu

選択したオブジェクトの色を変更します。

Phunオブジェクト選択時右クリックメニュー色設定
Hue
背景の色の色調を指定します。
Saturation
背景の色の彩度を指定します。
Lightness
背景の色の明るさを指定します。
Opacity
背景の色の不透明度を指定します。
Random color
ランダムで色を決定します。


Information

選択したオブジェクトの情報を表示します。

Phunオブジェクト選択時右クリックメニューオブジェクト情報
Area
選択したオブジェクトの面積(m2)を表示します。
Mass
選択したオブジェクトの重量(kg)を表示します。
Motor torque

選択したオブジェクトのモーターのトルク(Nm)を表示します。

選択したオブジェクトがモーターではない場合、値は0.00Nmと表示されます。

Hinge impulse

選択したオブジェクトのヒンジの衝撃(Nm)を表示します。

選択したオブジェクトがヒンジではない場合、値は0.00Nmと表示されます。

Velocity

選択したオブジェクトの1メートル毎秒間の座標(x,y m/s)を表示します。

オブジェクトが動いてない場合、値はx= 0.00 y=0.00と表示されます。

Angular velocity

選択したオブジェクトの1秒間の弧度を表示します。

オブジェクトが動いてない場合、値は0.00rad/sと表示されます。

選択したオブジェクトが四角形でない場合、値は0.00rad/sと表示されます。

Energy
オブジェクトの重さと地面からの高さを計算したエネルギー(J)を表示します。


Collision menu

選択したオブジェクトの衝突グループの設定を行ないます。

グループは複数選択できます。また、グループの違うオブジェクトはぶつかりあいません。

Phunオブジェクト選択時右クリックメニューグループ設定
Collision group A
チェックを入れると選択したオブジェクトがグループAに指定されます。
Collision group B
チェックを入れると選択したオブジェクトがグループBに指定されます。
Collision group C
チェックを入れると選択したオブジェクトがグループCに指定されます。
Collision group D
チェックを入れると選択したオブジェクトがグループDに指定されます。
Collision group E
チェックを入れると選択したオブジェクトがグループEに指定されます。
Collides with water
チェックを入れると選択したオブジェクトが水とぶつかります。
No selfcollision
チェックを入れると衝突の設定が全く同じ物同士は衝突しません。


Geometry settings

Phunオブジェクト選択時右クリックメニュー物理シミュレーション設定

図形シミュレーションの設定を行います。

Friction

摩擦の強さを指定します。

範囲:0.000〜2.000

数値が低いと摩擦が弱くなり、数値が高いと摩擦が強くなります。

Bounciness

弾力の強さを指定します。

範囲:0.000〜1.000

数値が低いと弾力が弱くなり、数値が高いと弾力が強くなります。

Density(weight)

重さを指定します。

範囲:0.00010〜100.0

数値が低いと軽くなり、数値が高いと重くなります。

Loosen
(オブジェクトがグルー状態または固定またはヒンジが付いている場合に表示されます)
Liquefy selected
選択したオブジェクトを水に変化させます。
Add center hinge
選択したオブジェクトの中心に軸を追加します。
Transform into circle
選択したオブジェクトを円に変形させます。
Controller (Select input)

オブジェクトをキーボードによる操作で動かすことができます。

[DirSelector_ChooseInput]をクリックし、割り当てたいキーセットを押します。

Reverse axes
キーボード操作の左右を上下に変更し、上下を左右に変更します。
Invert X-axis
キーボード操作の左右を逆転します。
Invert Y-axis
キーボード操作の上下を逆転します。


Hinges

Phunオブジェクト選択時右クリックメニューヒンジメニュー
Motor
チェックを入れると軸を中心にモーターとして動きます。
Reversed
チェックを入れるとモーターが逆回転します。
Motor speed

モーターの速度を指定します。

範囲:0rpm〜2400rpm

数値が低いと速度が遅くなり、数値が高いと速度が早くなります。

Motor strength

モーターの力を指定します。

範囲:0〜+inf

数値が低いと力が弱くなり、数値が高いと力が強くなります。

Auto-brake

モーターのキー操作が行われていない場合に自動的にブレーキがかかります。

但しブレーキキーを押している間はブレーキがかかりません。

Forward key:right (Toggle)

チェックを入れるとキーボードの「→」でモーターが右回りに回転します。押し続けている間回転します。

[None selected]をクリックし、割り当てたいキーを入力すると設定されます。

Forward key:left (Toggle)

チェックを入れるとキーボードの「←」でモーターが左回りに回転します。押し続けている間回転します。

[None selected]をクリックし、割り当てたいキーを入力すると設定されます。

Forward key:down (Toggle)

チェックを入れるとキーボードの「↓」でモーターにブレーキがかかります。押し続けている間停止します。

[None selected]をクリックし、割り当てたいキーを入力すると設定されます。

Impulse break limit

モーターのブレーキが壊れるまでの時間を指定します。

範囲:0.0Ns〜95.5Ns(+inf)



オブジェクト選択中の動作

マウスを右ドラッグしてオブジェクトの角度の変更ができます。

Phunオブジェクト選択時右クリックメニューオブジェクト角度変更