名前 *必須
e-mail *省略可
題名 *省略可
本文 *必須
sage  

  • YouTube上にある動画を掲示板に表示する場合は、<object>で始まるHTMLタグをそのまま本文に貼り付けてください。
  • ニコニコ動画のリンクは本文に動画のURLを貼り付けると自動的に埋め込み表示されます。
    ↓以下の記事スレッドに、フォームの内容が追加されます

接触された時にphunデータの読み込み 名前: kuro [2011/12/01,06:04:53] No.370
接触された時にphunデータの読み込みを行うスクリプトは組めないでしょうか?

例えば戦車の中にそのスクリプトの物体を組んでおき、弾がなくなったたら別ファイルで作って置いたファイルの弾を読み込む、と言った使い方がしたいです。

>> できる・・・かもしれない。 名前: hirohiro [2011/12/03,03:34:04] No.373
及ばずながら、個人的にも気になったので、ちょっとテストしてみました。

(e)=>{Scene.loadScene("「phzファイルの名前と拡張子」")}

これで、"読み込む"事は出来ました。
ただおそらくkuroさんがやりたい事とは違うと思います。

用は、ファンレット見たいな感じにスクリプトで持ってくるって事ですよね?
これだと、そのまんま、"読み込む"ことになってしまいます。

おそらく、"Scene.loadScene"のところを変えればいけると思うのですが・・・解りませんでしたorz
もう遅いので、また後日調べてみます。

それから、スクリプトに関する質問は、アップロード掲示板ではなく、普通の掲示板にしましょう。そちらのほうが主流なので、皆さんが見てくれますしね。

>> こっち見てなかった… 名前: PhunSmith(MuskMan) [2011/12/30,20:36:19] No.428
ちょっと面倒ですが何とかできます。
まず、シーン独自関数を定義します。

●関数定義、この下の行から↓
Scene.my.putPhunlet := (x,y,fileNameStr)=>{
tempPan := Scene.Camera.pan;
Scene.Camera.pan = [x,y]-(App.mousepos-Scene.Camera.pan);
Scene.importPhunlet(fileNameStr);
Scene.Camera.pan = tempPan;
};
↑この上の行までをコピーして、Phunの背景をクリックしてCtrl+Vでペーストします。

 見た目はなにも変化はありませんが、これで任意の位置にPhunletを読み込む、シーン独自関数Scene.my.putPhunletが定義されました。


●関数の動作解説
 @カーソル位置が指定位置になるようにカメラ位置を動かす
 AimportPhunletでカーソル位置にファンレットを読み込む
 Bカメラ位置を保存してあった元の位置に戻す

●使用方法
衝突スクリプトの中で、Scene.my.putPhunlet( x座標,y座標,"ファイル名" );

●注意点
※ファンレットはscenesフォルダ(シーンと同じ場所)に置く必要があります。phunletsフォルダではうまく動きませんでした。

※まだ検証していないことが1つあります。それは「読み込むファンレットの中心がどこになるのか」ということです。
 処理の簡単さから推測するに、「全物体の重心のxy各座標の最大値と最小値の中点」か「全物体の重心の平均位置」のどちらかだとは思うんですが…調べる機会がありませんでした。
 とりあえず一度出して見て、現物あわせをしてください。(^^;)

>> 無題 名前: 太鼓の暇人 [2012/01/04,18:59:02] No.432
衝突スクリプトの中で、Scene.my.putPhunlet( x座標,y座標,"ファイル名" );
意味がわからない

>> 物凄い亀返信 名前: Kit Industry [2015/03/25,18:57:41] No.494
物凄く遅い返信でいまさらですが
衝突スクリプトの中で、Scene.my.putPhunlet( x座標,y座標,"ファイル名" );
というのはつまり、
スクリプトメニューのOnCollideという項(衝突スクリプト)
に入れて
XYは、横の位置と縦の位置を数字にした物
そして、ファイル名はその名の通り読み込みたいファイルの名前です


[返信しないで戻る]